自己破産 | 条件(費用と流れと期間)を解説!!

弁護士に自己破産を相談するメリットや手続きの流れについて

更新日:


大きな借金を作ってしまった際、
手段の一つとして数えられるのが自己破産です。
とはいえ、どうやって自己破産の手続きを

踏めば良いか分からない方も
多いのではないでしょうか。
ここでは、債務整理を弁護士に相談すると
前提して、そのメリットや手続きの流れ
についてご説明します。

はじめに、弁護士に債務整理を
依頼することのメリット
についてお話ししましょう。

自己破産の申請をする場合、
債権者の一覧や借り入れの経緯、
生活状況などを記した書類を提出する
必要があります。

これらはただ書けばよい
というものではなく、法律によって
定められた書式に倣って書かなければいけません。

そうした知識を一から自分で
集めていると、膨大な時間と手間が
かかってしまいます。

法律のプロである弁護士に相談
することによって、そうした諸々の手続きを
スムーズに行うことが出来、

手間を大幅に削減することが
できるのです。

また弁護士に債務整理を依頼することで、
債権者からの請求を速やかに
止めることもできます。

弁護士が借入先に対して
受任通知を送ると、債権者は債務者に対して
請求を行う権利を失うためです。

もし自分で免責決定を行った場合、
裁判所の決定が出るまでに
数か月を要することもあるため、

弁護士に依頼する際の
大きなメリットと言えるでしょう。

次に自己破産を行う際の手続きと
その流れについてお話ししましょう。

まずは前準備として、借金の総額や
借入先を調べるための債務調査が
行われ、同時に各種必要書類の
提出が求められます。

それが済むと裁判所に対して
自己破産の申し立てが行われます。

裁判所ではまず、その債務者が
本当に自己破産を必要としているのかを
審査する破産審尋を行います。

次に債務者の保有財産を現金化し、
債権者に配当する破産手続きが開始されます。

それが終わると、実際に免責決定を下すか
否かの審理する免責審尋に入り、
裁判所からの許しが出た場合、
免責決定が下りるといった流れです。

自己破産は個人で行う場合、
見慣れない書類や手続きをいくつも
踏まなければいけないため
時間と労力が必要になります。

場数を踏んだ弁護士に
債務整理を依頼することは、
賢い選択だといえるでしょう。

-自己破産 | 条件(費用と流れと期間)を解説!!
-, , ,

Copyright© 自己破産経験者が語る借金を整理し幸せに自己破産を成功させる方法 , 2019 All Rights Reserved.