自己破産の前後の豆知識

夫婦で同時に自己破産は出来る?片方だけが自己破産した時の影響は?

夫婦で借金がある場合は、夫婦で債務整理をしなくてはいけません。
この際、夫婦同時に自己破産する事はできるのでしょか?
また、片方だけが自己破産すると、何か影響はあるのでしょうか?

夫婦両方とも自己破産をした方が良い場合と、片方だけの方が良い場合があります。
まず、夫婦でそれぞれ別々の借金がある場合です。
両方ともの借金が多い場合は、夫婦両方とも自己破産をした方が良いでしょう。
しかし、片方の借金が少ない場合は異なります。
この場合は、借金が多い方が自己破産をして、その後、協力して片方の借金を返済していく方が良いでしょう。
なぜなら、夫婦で自己破産をすると、両方ともがブラックリスト状態になります。
しかし、片方だけならクレジットカードやローンも組むことができ、普段の生活においても楽になります。

片方が借金をしていて、片方が連帯保証人や保証人の場合はどうでしょうか?
この場合は、夫婦で同時に自己破産をした方が良いです。
基本的に、夫婦で同時に自己破産をしても、別々に書類を作ります。
しかし、債権者が同じであるため、調査する内容や基本的なことは一緒です。
そのため、夫婦同時に自己破産すれば、弁護士費用を抑えることが可能です。
更に、裁判所においては、夫婦で同時に手続きができます。
このように、夫婦同時で行えば、自己破産費用も時間も節約ができます。

夫婦で同時に自己破産をした場合、必ず両方とも同じ手続きしか行えません。
片方が少額管財で、片方が同時廃止などはできません。
また、片方が連帯保証人や保証人になっているにもかかわらず、支払いの義務が移らない場合があります。
それは、騙されて連帯保証人や保証人になった場合です。
また、無断で名義を利用された場合も同じです。
これらの場合では、主債務者が自己破産をしても、支払いの義務が移る事はありません。

夫婦で同時に、自己破産をする事は可能です。
同時に自己破産をする場合は、両方とも同じ手続きになってしまいます。
そのため事情によっては、片方だけが自己破産をした方が良い場合もあります。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

りーむ(借金550万)

ギャンブルやFX、はたまたバイナリーオプションで借金返済を頑張りますがやればやるだけ、どつぼにハマっていきます… 最初は家計を楽にというのが目標だったんですが、いつの間にか借金返済という目標になっちゃいました。

-自己破産の前後の豆知識

© 2021 自己破産経験者りーむが暴露する自己破産のメリットデメリット