自己破産の前後の豆知識

自己破産でカードや借入の制限期間を短くする抜け道はあるのか

自己破産するとブラックリスト状態になり、一定の期間はカードや借入が出来なくなります。
この制限期間を短くする、抜け道はあるのでしょうか?

自己破産すると原則として制限期間を短くする事はできません。
そのため制限期間が終わるまで待つしかありません。
しかし期間中でもカードや借入はすることは可能です。
正確には自己破産すると審査に通りにくくなり、絶対に審査に落ちるわけではありません。
信用を取り戻すことが出来れば、カードや借入の審査は通ります。
信用を取り戻すためには、定職に就き、安定して収入を得るようにしましょう。
更に申請前には、ある程度の貯金があれば、信用も上がりやすいです。

信用を取り戻すためには、クレヒスを復活させることが大事です。
クレヒスとは、クレジットカードヒストリーの略で過去に使用したクレジットカードの歴史です。
自己破産をすると、クレヒスが止まり、復活させるためには、クレジットカードを作るしかありません。
クレジットカードが一枚できてしまえば、他の審査にも通りやすくなります。
まずは一枚作るために、審査基準が低いカード会社を選ぶようにしましょう。
一般的には外資系カード会社は、審査基準が低いと言われています。
外資系カード会社は、過去より今現在どれくらいの返済能力があるかを重視する傾向があります。

外資系カード会社を利用するにしても、自己破産後すぐには難しいです。
基本的に自己破産後は現金払いのみです。
どうしても現金払いが嫌な場合は、審査がいらないカードがあります。
それはデイビットカードやプリペードカード、電子マネーなどがあります。
これらのカードは自己破産に関係なく作成し、国外でも使用できるものがほとんどです。
これらを上手に使用すれば、クレジットカードのようにカード払いが可能です。

原則、自己破産後にカードや借入の制限期間を短くすることはできません。
そのため制限期間が終わるのを待つしかありません。
しかし制限期間中でも信用を上げることで、カードや借入が可能になります。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

りーむ(借金550万)

ギャンブルやFX、はたまたバイナリーオプションで借金返済を頑張りますがやればやるだけ、どつぼにハマっていきます… 最初は家計を楽にというのが目標だったんですが、いつの間にか借金返済という目標になっちゃいました。

-自己破産の前後の豆知識
-,

© 2020 自己破産経験者りーむが暴露する自己破産のメリットデメリット