自己破産の前後の豆知識

自己破産でかかる弁護士費用や報酬など手数料の相場や内訳

一般的に、債務者は自己破産の手続きを弁護士へ依頼します。
その際にかかる費用や手数料などの相場、内訳はどのようになっているのでしょうか?

弁護士費用の相場は、20万円から50万円と言われています。
この費用は、弁護士が自由に決める事が出来ます。
そのため、同じ手続きを行っても弁護士によって、値段は変わってきます。
また、弁護士費用は、自己破産の手続き内容によっても異なります。
弁護士に支払う費用は、着手金と実費、成功報酬の3つに分かれます。
手続きの種類によって、この3つの値段が大きく変わってきます。

弁護士費用の中でも一番初めに支払うのが、着手金です。
同時廃止の場合の相場は、0円から20万円です。
着手金が0円の場合は、成功報酬と一緒に請求をする弁護士もいます。
管財事件の場合の相場は、20万円か50万円です。
管財事件は同時廃止とは異なり、破産管財人の財産の調査などがあるため、手続きが1年を超える場合もあります。
次の費用は、自己破産手続きの際に使用する、収入印紙代や切手代などの実費です。
実費は手続き内容に関係なく、収入印紙代は約1,500円で切手代は約3,000円です。

そして最後に成功報酬があります。
成功報酬は、免責が許可された時のみ、支払いが必要となります。
成功報酬の相場は、20万円から30万円で、着手金と同様に弁護士が自由に金額を設定します。
この他にも、事務手数料や管財人への送金手数料などの手数料を取る弁護士もいます。
これらの相場は、事務手数料は約2万円で送金手数料は約1000円です。
また、過払い金の送金返還手続きをした場合は、別に手数料や成功報酬が発生します。
過払い金送金返還手数料の相場は、一社につき約2万円と返金額の約20パーセントの報酬額が一般的のようです。

これが自己破産でかかる、弁護士費用や報酬など手数料の相場と内訳です。
自己破産の費用は、事情によっては高額になります。
借金がなくなり、精神、肉体面でも安定する事を考えると、高額な弁護士費用は妥当なのかもしれません。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

りーむ(借金550万)

ギャンブルやFX、はたまたバイナリーオプションで借金返済を頑張りますがやればやるだけ、どつぼにハマっていきます… 最初は家計を楽にというのが目標だったんですが、いつの間にか借金返済という目標になっちゃいました。

-自己破産の前後の豆知識
-,

© 2020 自己破産経験者りーむが暴露する自己破産のメリットデメリット