自己破産の条件(費用・流れ・期間)

アイフルで借入していても自己破産できる?手続きの方法や流れ

大手消費者金融といえば、アイフルがあります。
即日融資を強みにしている会社ですが、ここから借入していた場合でも自己破産は可能なのでしょうか。
手続きの方法や流れについて、詳しくお話しします。

結論から言えば、アイフルで借入を行っていても問題なく自己破産を申請することが可能です。
ただし融資されたお金をギャンブルなどの浪費に費やしていた場合は、認められない場合もあります。
ですがよほどのことがない限りは、免責というのは認められるものです。
気が付けば返済できないほどアイフルからの借入が膨らんでいた場合、自己破産を選択するのは決して間違ったことではありません。
手続きとしてはまず、弁護士に自己破産したい旨を相談し、債権者からの取り立てを停止してもらいます。
次に各種必要書類を集め、それらを持って破産手続きの申し立てを行います。
裁判所から許可が下りると破産手続きが開始され、次に免責審尋が行われ、最後に裁判所から免責許可が下りるといった流れです。
難しく聞こえますが、弁護士に依頼すればそのほとんどを弁護士が代行して行ってくれますから、自身への負担はかなり軽く済みます。

自己破産の手続きとその流れについては上記で述べましたが、いくつか注意する点もあります。
アイフルのような消費者金融業者で借入してから自己破産を行うと、その情報は即座に系列会社やグループ会社に共有されます。
これは信用情報機関という機関に破産をした事実が記録されるためです。
自己破産というのは、経済的な信用を全く失った状態ですから、これでは借入はほぼ不可能な状態になるのです。
金融業者が最も恐れることは、貸したお金が返ってこないことです。
その事実をしっかりと認識したうえで、自己破産を行うのか、それとも別の債務整理を行うのか精査する必要があるでしょう。

消費者金融でお金を借りる理由は、人それぞれです。
万が一借金が膨らみ、返済するのが困難になった時は、自己破産も視野に入ってきます。
一人で悩むのが苦しいときは、弁護士の助けを借りるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

りーむ(借金550万)

ギャンブルやFX、はたまたバイナリーオプションで借金返済を頑張りますがやればやるだけ、どつぼにハマっていきます… 最初は家計を楽にというのが目標だったんですが、いつの間にか借金返済という目標になっちゃいました。

-自己破産の条件(費用・流れ・期間)
-, ,

© 2020 自己破産経験者りーむが暴露するメリットデメリット