自己破産 | 条件(費用と流れと期間)を解説!!

自己破産で恨まれる前に知っておきたい状況を回避する方法3つ

更新日:

自己破産とは、平たく言えば
債務者を守るための制度です。

つまりお金を貸した債権者側にとっては
不利な事項が数多く含まれています。

自己破産によって恨まれることは
ないのか、またそうならないために
もどのようなことに気を付けるべきか、
お話ししましょう。

一般的に借金が膨らみ日々の返済に
追われるようになった人は、
心理的な余裕が失せ、世間に対して
負い目を感じてしまいがちです。

自己破産という選択をしたら、
合法的に借金を踏み倒したのでは
ないかと思ってしまいます。

しかし、自己破産にもきちんとした
審査基準があり、それに満たない場合は
認められません。

例えば返済期間があまりに短い借金や、
ギャンブルなどの浪費によって
膨らんだ借金については、
自己破産が認められない場合もあります。

また金融業者は最初からこうしたリスクを
考慮した金利をプラン内に
盛り込んでいるため、完全に
損というわけではないのです。

上記では金融業者を例に挙げて
ご説明しましたが、個人間での
お金の貸し借りがあった場合は
どうでしょうか。

個人間での借金の破産で恨まれない方法とは


友人、知人等の個人間であれば金利は
そもそも発生していないため、
自己破産を行えばお金を貸した側は
損をします。

業者とは違って、実際に
知り合いであるという事実が
ネックになってきますね。

かといって個人間の借金を優先して
返済するようなことがあれば、
偏頗返済とみなされ自己破産の
申し立てが通らなくなってしまいます。

そのためこういったケースでは、
第三者を間に挟みその人に代理で
返済をしてもらう、代位弁済という
方法をとるのがお勧めです。

この場合返済に自身の財産を
用いていないため、法的には何ら
問題がないという解釈になります。

また自己破産の手続きが
すべて済んだ後で、
任意で返済するという
方法も可能です。

破産者に執拗な返済の催促を行うのは
違法ですが、破産者自身が自らの考えで
返済を再開するのは自由です。

もし恨まれるような事態を
避けたければ、こういった方法を
取るのが賢明と言えるでしょう。

自己破産を行うと、債務が
ゼロになる代わりに
たくさんのものを失います。
出来れば、それまでに
築き上げてきた人との
信頼関係は失いたくないものですね。

お金でのトラブルで人間関係が
崩れていくというのは悲しいですよね。

自己破産におすすめ弁護士ランキング

1位 弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

通話料無料で相談何度でも無料 休日でも全国対応

2位 名村法律事務所

名村法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

3位 アース法律事務所

アース法律事務所

着手金30万円~ 報酬金0円

-自己破産 | 条件(費用と流れと期間)を解説!!
-,

Copyright© 自己破産はマジヤバイ!?経験者が暴露するメリットデメリット , 2019 All Rights Reserved.