自己破産 | 車や住宅などの物について

エポスカードは自己破産後も作れる?ハウスカードの詳細もチェック

更新日:

エポスカードはマルイが発行している
年会費無料のクレジットカードです。

全国7000店舗以上で優待や割引を
受けられるなど、サービスも
充実しているのが特徴です。

もし自己破産した後でも、
エポスカードを持つことは
可能なのでしょうか。

基本的に自己破産を行うと
現在持っているクレジットカードは
使用不能になります。

これは信用情報機関と呼ばれる
機関に、自身が破産した記録が
残ってしまうためです。

この機関はあらゆる企業や業者と情報を
共有しているため、即座に破産の事実が
カード会社に伝わってしまうのです。

また、自己破産を行ってから数年間は
新規でクレジットカードを契約
することができなくなります。

理由は上記に挙げた通りで、信用情報機関から
記録が抹消される5年から10年の期間は
待たなくてはいけません。

年数にばらつきがあるのは、カード会社が
加盟する信用情報機関によって記録年数が
違うからであり、詳しく調べたい場合は
カード会社に問い合わせる必要があります。

クレジットカードの審査方法については、
各カード会社が独自に定めた方法に
基づいていますが、おおむねクレジットヒストリー
と呼ばれるものを重視する傾向にあります。

クレジットカードヒストリーはどのくらいの期間続くの!?


これはいわゆるカードの利用履歴で、
信用情報機関にも登録されている情報です。

自己破産を行い、5年ないしは10年が
経過すると、このクレジットヒストリー
はすべて抹消されます。

こうなると自己破産した過去を疑われ、
結果として審査に通りにくくなる
という事実があるのです。

クレジットヒストリーを積むには、
エポスカードのようなハウスカードを
利用するという手段があります。

ハウスカードとは、特定のお店でのみ
利用可能なクレジットカードで、
審査は普通のものに比べて
かなり緩くなっています。

ハウスカードもクレジットカードには
違いありませんから、これを利用する
ことによって、クレジットヒストリー
を回復させることができるのです。

以上のことから、エポスカードは
自己破産後5年から10年が経過すれば
作れることが分かりました。

クレジットヒストリーを積みたい場合は、
まず審査の簡単なハウスカードから
作成してみるのが良いでしょう。

自己破産におすすめ弁護士ランキング

1位 弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

通話料無料で相談何度でも無料 休日でも全国対応

2位 名村法律事務所

名村法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

3位 アース法律事務所

アース法律事務所

着手金30万円~ 報酬金0円

-自己破産 | 車や住宅などの物について
-,

Copyright© 自己破産経験者が語る借金を整理し幸せに自己破産を成功させる方法 , 2019 All Rights Reserved.