自己破産の前後の豆知識

自己破産してもお金借りる消費者金融をチェックしておこう

投稿日:


自己破産をすると、数年の間は
新規の借入が行えなくなります。

しかし生活していればどうしても
急な出費が避けられない場合も出てきます。

破産後でもお金借りる必要が出てきた場合を
想定し、どんな消費者金融が
あるのかみておきましょう。

まず自己破産を行った時点で、
その事実は即座に信用情報機関に登録されます。

いわゆるブラックリストと呼ばれるものです。

お金を貸す側が最も避けたい事態は、
貸したお金が返ってこないことです。

一度自己破産をしていると、返済能力に不安が
あるとみなされ、新規の借入や
ローンを組むことができなくなってしまうのです。

しかしこれは一生続くわけではありません。

一般的には、5年から10年の期間を経ることで
情報が抹消され、借入やクレジットカードの
新規契約が再度可能になります。

しかし逆に言えば破産してから最低でも
5年の間は、現金のみに頼って
生活しなければいけないということです。

以下、万が一お金借りる必要が出てきた場合を
想定してみていきましょう。

まず前提としてお金借りる相手は
大手の消費者金融ではなく
中小消費者金融を選びます。

大手であれば通らない審査も、
中小であれば現状を鑑みて融資をしてくれる
可能性があるためです。

また中小であれば信用情報機関に
まだ事故情報が残っている場合でも、
融資を検討してくれます。

さすがに破産の直後、1年に満たない場合は
厳しいですが、安定した収入があれば
破産後3年程度で融資してくれる可能性もあります。

大手のように一定の基準に満たない顧客を
切り捨てるやり方ではなく、
あくまでも独自のシステムに基づいて
審査を行ってくれます。

ですから融資の可能性は高いといえるでしょう。

その他、担保や保証人不要の会社を選んだり、
最短即日対応を実施している会社を選んだりと、
自身の現状に合った会社を選びましょう。

自己破産をしたからといって、
二度とお金が借りられない
といったことはありません。

しかるべき制限はしっかりと受け容れ、
正しい知識を持ってできるだけ早く
生活を立て直せるよう努力しましょう。

自己破産におすすめ弁護士ランキング

1位 弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

通話料無料で相談何度でも無料 休日でも全国対応

2位 名村法律事務所

名村法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

3位 アース法律事務所

アース法律事務所

着手金30万円~ 報酬金0円

-自己破産の前後の豆知識
-,

Copyright© 自己破産経験者が語る借金を整理し幸せに自己破産を成功させる方法 , 2019 All Rights Reserved.