自己破産 | 条件(費用と流れと期間)を解説!!

どんな金額でも借金があれば自己破産が可能なのか調べてみた

投稿日:

自己破産を検討する金額は
人によって違います。
100万円の借金がそれほど重荷に
なっていない人もいれば、50万円の借金でも
日々の家計を圧迫する人もいます。

債務を抱えてさえいれば、
自己破産に金額は関係ないのか、
詳しくみていきましょう。

結論から言えば、自己破産は厳密に
いくらから可能と決まっているわけでは
ありません。

一般的に見て少額な債務であろうと、
また逆にどれだけ高額な債務であろうと
自己破産を行うことは可能です。

自己破産に於いて重要なのは
債務の金額ではなく、
それらが返済可能かどうかです。

金額というのはあまり意味を持ちません。

冒頭でもふれたように、債務の重さは
その人の経済状況によって常に
変化しますから、一概には言えないのです。

よって、ここからは破産可能、
ここより以下は破産不可といった
指針があるわけでもありません。

どのような金額であっても、生活が苦しいのであれば
自己破産を検討して良いといえるでしょう。

上で述べたとおり、自己破産に於いて
重要になるのはその人が支払不能に
陥っているかどうかです。

支払不能とは実質的な債務の返済が
出来ない状態を差し、これに該当するのであれば
自己破産を行うことが可能です。

現時点でまとまった現金がなくとも、
これより先返済できる見込みがあると
見做されれば支払不能にはあたりません。

また、未来における債務に関しても、
自己破産は適用されません。

たとえば2年後に1000万円の返済が
迫っているので今のうちから
自己破産したいといったことは不可能です。

自己破産の適用範囲は、
あくまでも支払時期が
きているものに限ります。

支払不能かどうかは主観ではなく、
客観的な事実として捉えられます。

そのため、自分だけでは
なかなか判断しにくい部分もあります。

困った時は弁護士に相談し、
アドバイスをもらうと良いでしょう。

自己破産は厳格な法律によって
定められていることですから、
具体的な金額が支持されているものの考えても
不思議ではありません。

実際は、ケースバイケースによるということを
念頭に置いておきましょう。

自己破産におすすめ弁護士ランキング

1位 弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

通話料無料で相談何度でも無料 休日でも全国対応

2位 名村法律事務所

名村法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

3位 アース法律事務所

アース法律事務所

着手金30万円~ 報酬金0円

-自己破産 | 条件(費用と流れと期間)を解説!!
-

Copyright© 自己破産経験者が語る借金を整理し幸せに自己破産を成功させる方法 , 2019 All Rights Reserved.