自己破産の前後の豆知識

自己破産するなら結婚前と後どっちが良い?手続きに違いはある?

投稿日:


自己破産の手続きを決断する
のであれば、結婚前と結婚後の
どちらが良いのでしょうか?

手続きの違いに注目しつつ、自己破産を
行うべきタイミングを見極めてみましょう。

まず、自己破産をしたからといって、
法的に結婚が制限されることはありません。

自己破産は結婚前と結婚後のどちらで
あっても手続きできますが、一般的には
結婚前に済ませることが推奨されています。

なぜ結婚前が適しているのかと言うと、
そもそも自己破産の手続きは後回しに
できないことが理由のひとつに該当します。

自己破産の手続きを躊躇している間にも
滞納を続けていれば借金は膨らみますし、
債権者の取り立ては厳しさを増していきます。

もはや自己破産しか手段が残らないほど
多額の借金を抱えている場合には、1日でも
早く自己破産の手続きに着手
しなくてはいけません。

また、結婚前に自己破産を終えられるなら、
結婚相手に借金問題で迷惑をかけずに
済むメリットも得られます。

もちろん結婚が破談になるリスクを
避けられませんが、自己破産をした
事実を結婚前に打ち明けることは結婚相手に
対する最低限の誠意です。

自己破産をすると様々な制限を受けますし、
財産もほぼ持ち合わせなくなりますので、
結婚相手には正直に自分の置かれた
状況を話しましょう。

自己破産をするタイミングを結婚後に
した際には、多額の借金について
結婚相手に説明してあるかどうかが
ポイントです。

もしも借金の存在を隠していたときには、
自己破産の手続きを始める前に
離婚問題へと発展するかもしれません。

隠したまま自己破産を行えば大丈夫
なように見えますが、結婚後においては、
自己破産の申し立てに要する書類に
結婚相手の書類が加わります。

手続きの違いからも自己破産を隠し
通すことは不可能なため、逆に言えば
結婚前に自己破産したほうが
隠しやすくなるでしょう。

さらに破産者は職業制限を受けるため、
対象となっている仕事に就いている人は
一時的に働けなくなってしまいます。

自己破産の手続きをしても結婚相手に
直接的な不利益はありませんが、
日々の生活においては負担をかけかねない
ので注意が必要です。

結婚相手に与える負担を考慮すると、
自己破産の手続きは結婚後より
結婚前に行うことが望ましくなります。

自己破産はいつ行っても結婚の破談や
離婚といったリスクを避けられませんから、
せめて借金問題が結婚相手の迷惑に
ならない結婚前に手続きしましょう。

自己破産におすすめ弁護士ランキング

1位 弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

通話料無料で相談何度でも無料 休日でも全国対応

2位 名村法律事務所

名村法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

3位 アース法律事務所

アース法律事務所

着手金30万円~ 報酬金0円

-自己破産の前後の豆知識
-,

Copyright© 自己破産はマジヤバイ!?経験者が暴露するメリットデメリット , 2019 All Rights Reserved.