自己破産 | 条件(費用と流れと期間)を解説!!

債権者の一覧表の書き方や流れを自己破産前に確認しておこう

投稿日:

自己破産を申し立てる際に、
必要書類として債権者一覧表を
裁判所に提出します。

実際にある債務を全て把握するためにも、
債権者一覧表はとても重要な書類となります。

ここでは債権者一覧表の書き方や
流れについて、詳しく説明していく
ことにしましょう。

債権者一覧表には、まず最初に
債権者の氏名と住所を記入します。

会社から借入がある場合は会社名を、
個人から借入がある場合は個人名を記入して、
個人の場合は自分との関係も記載します。

銀行からの借入は、銀行名だけでなく
支店名も記載しましょう。

次に債権の種類や金額について、
詳しく記入していきます。


最初に借入や契約をした日付と
借入額や毎月の返済額を記入して、
さらに最後に返済した日付と現時点の
借入残高なども記します。

また貸金や保証など債権の種類についても
チェックを入れ、その他の場合は
種類を記入をします。

使徒・購入品の欄には生活費や
事業の運転資金など、どういう目的で
借入金を使用したかを記入して、
借入に関する保証人の有無に
チェックをつけます。

出来上がった債権者一覧表を元にして、
全ての債権者に自己破産の申し立てを
したことが通知されますので、
漏れのないように記載する必要があります。

万が一債権者一覧表に記載のない人に
借金があった場合には、免責が適用
されないということを知って
おかなければなりません。

記載のない借金は自己破産した後も
残ってしまいますので、十分に注意をして
全ての債権者を確認しておく必要があります。

個人の自己破産の中でも事業を営んでいて
債権者が複雑な場合は、弁護士さんなどに
相談の上で債権者一覧表を作成するのが安全でしょう。

ヤミ金に借金がある場合は、法律的には
借金は無効になりますが、残高はゼロ
として分かる範囲で記載する人が多いようです。

自己破産手続きにおいての債権者一覧表は、
今ある債務を帳消しにするために最も重要な
書類であることがわかりました。

うっかり記入漏れがあって支払いの義務が
残ってしまわないように、前もって
債権者を確認して記入するようにしましょう。

自己破産におすすめ弁護士ランキング

1位 弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

通話料無料で相談何度でも無料 休日でも全国対応

2位 名村法律事務所

名村法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

3位 アース法律事務所

アース法律事務所

着手金30万円~ 報酬金0円

-自己破産 | 条件(費用と流れと期間)を解説!!
-

Copyright© 自己破産はマジヤバイ!?経験者が暴露するメリットデメリット , 2019 All Rights Reserved.