自己破産の前後の豆知識

自己破産した人は借入はできないの?融資可能なところはある?


日々の返済に収入が追い付かず、爪に火を灯すような
生活を強いられている方も多いかと思います。
そんな時には自己破産が有効ですが、
果たして破産をした後、以前と同じように
また借入を行うことができるのでしょうか。
以下で詳しく説明していきます。

自己破産というと、字面からしても
ネガティブなイメージが先行しがちです。

それこそ本当に身の破産が
起きるのではと錯覚するのも
無理はないことです。

一般的に自己破産を行うと、
その後すぐには借り入れを
行うことはできません。

それだけではなく、新規で
クレジットカードを契約することも
できなくなります。

そもそも借金の返済がままならず
自己破産を行うわけですから、
この措置は妥当と言えるでしょう。

これは信用情報機関と呼ばれる機関に
自身の破産の記録が残ってしまうためです。

しかしこの記録は永久に残るわけではありません。

おおむね5年から7年の期間を経ることで、
破産の情報は抹消されます。

そうすれば自己破産した後でも、
破産前と変わりなく借り入れを行い、
ローンを組むことも可能になります。

とはいえ自己破産では財産がすべて没収され、
生活に必要最低限のものだけ残される
ことになりますから、急な出費が
あると困ります。

上で5年から7年経てば再度融資を
受けられると述べましたが、
これはなかなか長い期間です。

これはあくまでも大手の金融業者を
想定した場合の話であって、
世の中には大小含め実に様々な
金融業者が存在しています。

中には免責決定後1年から
融資を認めている会社もあります。

事情を考慮したうえで柔和な対応を
してくれるのは、金銭的に困っている
身としては非常に助かりますね。

ただし中には違法な金利を設定し、
債務者からの搾取だけを目論む
闇金業者も紛れていますから注意が必要です。

自己破産したからといって、
それからの人生が破たんしてしまう
わけではありません。

方法はいくつもありますし、
正しい知識さえ身に着けておけば
必ず再スタートを切ることができます。

まずはできることから始め、徐々に
生活を軌道に乗せていきましょう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

りーむ(借金550万)

ギャンブルやFX、はたまたバイナリーオプションで借金返済を頑張りますがやればやるだけ、どつぼにハマっていきます… 最初は家計を楽にというのが目標だったんですが、いつの間にか借金返済という目標になっちゃいました。

-自己破産の前後の豆知識
-,

© 2020 自己破産経験者りーむが暴露する自己破産のメリットデメリット