自己破産の前後の豆知識

クレジットカードが使えるようになるのは自己破産して何年後?

返済しきれない借金を抱えてしまい、
日々の生活が困窮を極めている場合は、
自己破産という選択肢があります。

それまでの借金がゼロになるという
メリットがある反面、クレジットカードを
作れなくなってしまうという
デメリットもあります。

ではクレジットカードが
使えるようになるのは具体的には
何年後になるのでしょうか。

自己破産を行うと、それまで普通に
使えていたクレジットカードが
即座に利用停止されてしまいます。

これはなぜでしょうか。

実は自身が自己破産をしたという履歴は
信用情報機関と呼ばれる機関に
情報として記録されているのです。

多くのクレジットカード会社は
顧客の信用情報を定期的に
チェックしており、これを
途上与信と呼びます。

自身が自己破産をしたという履歴が
途上与信によってカード会社に伝われば、
その顧客は信用に値しないと
見做され、カードを停止されて
しまうのです。

では自己破産後であれば
再びクレジットカードを
使えるようになるのでしょうか。

結論から言えば、すぐに
利用するのは不可能です。

信用情報機関に登録された
事故情報は、最低で5年、最高で
10年保存されます。

その期間が過ぎれば情報
そのものが抹消されますが、
それまでは何をしても消す
ことができないのです。

そのため、自己破産してから
再びクレジットカードが
使えるようになるには、
最低でも5年の期間が必要
ということになります。

また自己破産後であっても、
デビッドカードであれば
使用することができます。

デビッドカードは
クレジットカードとは違い、
自身の口座から代金を支払います。

そのため、審査が必要ありません。

たとえ自己破産していようとも、
銀行口座さえ持っていれば
作ることができますから、
覚えておくとよいでしょう。

ただし、クレジットカードのように
分割払いには対応していないので
注意が必要です。

少し大きな買い物をしたいときでも、
クレジットカードが無ければ
厳しいですよね。

純粋なクレジット機能を持つ
カードを作るためにはある程度期間が
必要ですが、それも永遠
というわけではありません。

自己破産をして借金を
帳消しにしたのであれば、
あとは生活を建て直し、
カードが持てる時期になるまで
準備をしておくのが良いでしょう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

りーむ(借金550万)

ギャンブルやFX、はたまたバイナリーオプションで借金返済を頑張りますがやればやるだけ、どつぼにハマっていきます… 最初は家計を楽にというのが目標だったんですが、いつの間にか借金返済という目標になっちゃいました。

-自己破産の前後の豆知識
-,

© 2020 自己破産経験者りーむが暴露する自己破産のメリットデメリット