自己破産の前後の豆知識

自己破産後の給与やボーナスは債権者に差し押さえられる?

投稿日:


給与やボーナスは、日々の生活営む上で
欠かすことはできないものです。

もし、自己破産を行ってから
それらが没収されるのであれば、
困る方も出てくるでしょう。

ここでは、債権者に差し押さえられる
財産を明らかにした上で、給与や
ボーナスがどんな扱いを受けるかご説明します。

たとえば自身が自己破産しようと
考えていることを債権者が知った場合、
どうなるでしょうか。

お金を貸した側にとってもっとも
避けたいのは、貸したお金を
回収できないことです。

そうなればまず債務者の給与や
ボーナスを差し押さえてそれを
借金の返済にあてられるような
ことが考えられます。

しかし、これは正しくありません。


どのような場合に於いても、
生活の根幹を成す給与を差し押さえられる
ことはないのです。

むしろ、自己破産を選択することによって、
自身の給与やボーナスを差し押さえ対象から
外すことができるため、
それらを守ることができます。

自己破産という制度は何も
多重債務者に罰を与えることを目的
としているわけではありません。

趣旨はあくまでも生活の再建であり、
給与やボーナスの差し押さえは
それに反するというわけです。

自己破産によって自身の給与が
守られるという事は上で述べましたが、
注意点も存在します。

すでに受け取った給与やボーナスが
銀行口座に預金として振り込まれている場合、
それらは没収されてしまいます。

一旦口座に入ってしまえば、
それがどのような経緯を持って得た
お金かに関わらず、すべて換価対象
とされるためです。

タイミングとしては、破産手続き開始決定後に
得た給与やボーナスに関しては、
債権者は一切関与しません。

それらはすべて自分の財産として、
自由に使うことができるのです。

万が一すでに債権者から給与や
ボーナスの差し押さえを受けている
ようであれば、できるだけ早く
自己破産を行ったほうが得です。

まとまった預貯金が無い人に
してみれば、日々の給与という
のはまさに生活の糧です。
分からないことがあれば弁護士に
相談し、自分の生活を守るために
確実に対処していきましょう。

自己破産におすすめ弁護士ランキング

1位 弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

通話料無料で相談何度でも無料 休日でも全国対応

2位 名村法律事務所

名村法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

3位 アース法律事務所

アース法律事務所

着手金30万円~ 報酬金0円

-自己破産の前後の豆知識
-

Copyright© 自己破産経験者が語る借金を整理し幸せに自己破産を成功させる方法 , 2019 All Rights Reserved.