自己破産の前後の豆知識

自己破産してもクレジットカードを残すことができる条件はある?

投稿日:


クレジットカードは生活の必需品に近いため、
手持ちのクレジットカードを全て失えば
実生活への影響は非常に大きくなります。

自己破産をしても、引き続き使用可能な
クレジットカードを残すことができる条件は
果たしてあるのでしょうか?

任意整理と異なり、自己破産は
裁判所を通した手続きが
不可欠になっています。

自己破産をする時点で保有する
クレジットカードに借り入れが残っている場合には、
カードの強制解約を避けることはできません。

借り入れがあるクレジットカードは
自己破産後に残せないので、即座に
利用を諦める必要があるでしょう。

該当するカードの中に使い続けたいカードが
あったとしても、自己破産の直前に
そのカードの借り入れだけを
返済してはいけません。

これは偏頗弁済と呼ばれる行為に
該当し、悪質と判断されるなら
自己破産をしても免責不許可に
つながります。

自己破産の手続きそのものを
無駄にしかねませんから、自己破産を
検討している人は慎重な対応を
心がけることが大切です。

もちろん自己破産をした際には、
信用情報機関に事故情報
として登録されます。

クレジットカード会社は、
一般的にカードの更新時や
途上与信に応じて事故情報の
有無を確認していきます。

カードの発行を受けてから
借り入れを一切行っていないカードが
手元にあれば、事故情報のチェックに
あわせて解約が行われるでしょう。

逆に言えば、クレジットカードに
そもそも借り入れが無いことは、
一時的にカードを残すための
必須条件に当てはまります。

ただし、社内ブラック入りを
考慮するのなら、こうしたクレジットカードは
残さずに自分から解約することが
望ましくなります。

事故情報が抹消された後にカードを
再取得したい人は、自己破産後に
クレジットカードをくれぐれも
使用しないようにしてください。

借り入れが無い上に事故情報の
確認も行われていない間に限定
されるものの、自己破産後にクレジットカードが
残る可能性はあります。
あくまでも一時的な状況に
過ぎませんから、カードが残っても
使用を諦めて自分から解約の手続きを進めましょう。

自己破産におすすめ弁護士ランキング

1位 弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

通話料無料で相談何度でも無料 休日でも全国対応

2位 名村法律事務所

名村法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

3位 アース法律事務所

アース法律事務所

着手金30万円~ 報酬金0円

-自己破産の前後の豆知識
-,

Copyright© 自己破産はマジヤバイ!?経験者が暴露するメリットデメリット , 2019 All Rights Reserved.