自己破産の前後の豆知識

後悔しないために自己破産者との結婚リスクを5つ知っておこう

投稿日:


自己破産した人と結婚する場合には、
注意すべき結婚リスクが
5つあることをご存知でしょうか?

結婚を後悔しないためにも、
前もって5つの結婚リスクにおける
内容をそれぞれ確かめておきましょう。

過去に返済を見込めないほど
借金を抱えていた事実は、
結婚相手に告白しやすいこと
ではありません。

さらに自己破産の手続きを
しても結婚相手に知らせは
届きませんから、人によっては
結婚後もバレないように
隠し続けたりします。

相手が結婚前に自己破産の
事実を打ち明けた際には、もちろん
誠意を欠いていないので、お互いに
話し合う時間を持つようにしましょう。

自己破産はあくまでも個人の手続きに
該当しますから、もしも自己破産した人と
結婚しても自分自身に
直接的な影響は起こりません。

結婚相手が自己破産の結果として
制限を受けていても、自分が
代わりに対応すれば問題無い
場合がほとんどです。

自己破産の手続きを開始し、
結婚相手が免責許可を未だ
受けていないときには
結婚リスクが2つ発生します。

まず、結婚リスクのひとつとして、
自己破産において財産の処分を
避けられないことがあげられます。

20万円を超える価値を持つ財産などは
自己破産にあわせて失うため、
結婚相手は財産をほぼ
持ち合わせていない状況に
なっているでしょう。

また、免責許可が確定するまで
職業制限も受けるので、勤めている
仕事によっては一時的に
働けていないかもしれません。

結婚相手が既に免責許可を
もらって自己破産を完了
していても、結婚リスクは
3つ残ります。

信用情報機関に自己破産の
事故情報が登録されますし、
結婚相手はクレジットカードを
5年から10年ほど持つことができません。

勤続年数や収入など条件を幅広く
満たせないなら、自己破産した人は
基本的に住宅ローンも組めない
状況が続きます。

加えて、事故情報が抹消されない限り
教育ローンを組めず、子供の奨学金で
保証人にもなれません。

自己破産は借金を整理して
再スタートするきっかけ
でもありますから、結婚リスクを
考慮した上で結婚するかを判断しましょう。


自己破産した事実は結婚相手に
言い出しにくく、自己破産の告白には
大きな勇気が必要になります。

結婚相手が再び借金を繰り返す
可能性が低いのであれば、結婚リスクを
参考にしながら結婚するかどうかを決めましょう。

自己破産におすすめ弁護士ランキング

1位 弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

通話料無料で相談何度でも無料 休日でも全国対応

2位 名村法律事務所

名村法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

3位 アース法律事務所

アース法律事務所

着手金30万円~ 報酬金0円

-自己破産の前後の豆知識
-

Copyright© 自己破産経験者が語る借金を整理し幸せに自己破産を成功させる方法 , 2019 All Rights Reserved.