自己破産の前後の豆知識

自己破産する前にやっておきたい事前準備をまとめました

投稿日:

自己破産は弁護士に依頼をしても、相当な時間と膨大な準備が必要です。
少しでも手続きをスムーズに進めるために、
自分で出来る準備をしておくことをおすすめします。
今回は、自己破産する前にやっておきたい事前準備についてまとめました。

「借金が多すぎて返せる見込みがないから自己破産したい」と
弁護士事務所や裁判所へ行っても、何も始まりません。

まず自分にできることとして、弁護士へ相談する前に
債務状況を確認して整理することが大切です。

借入先との契約書や借用書、督促状をもとにしましょう。

そこから、借入先は何社か、借入先の住所・連絡先、
返済日、債務残高などをまとめます。
確認してまとめるのにはもう一つ、現在の財務状況も含まれます。

貯蓄額や源泉徴収、不動産、車、生命保険、
換金できるだろう宝石類などをまとめておくと良いでしょう。

もちろん、家族構成、経歴、生活状況なども
忘れずにまとめておきましょう。

債務状況と財務状況をできるだけ詳細にまとめておくと、
破産申し立て前の準備がよりスムーズに運びます。

最も忘れてはならないのが、銀行口座の解約です。
借金返済は、ご自分の口座からの自動引き落としを
利用されている方も多いでしょう。

自己破産申し立ての段階では免責が許可されていませんので、
手続きをしている間は口座からの引き落としがとまりません。

また、銀行に預貯金があった場合、
自己破産申請後に没収される可能性があります。

自己破産の手続きには、裁判所への予納金や弁護士費用など
多額の費用がかかりますし、生活費として少しは手元に残しておきたいもの。

そのため、自己破産申立てをする前にすぐにでも
預貯金を全額引き出し、口座を解約しましょう。

自己破産を決めたなら、弁護士へ相談する前に
破産申し立てまでがスムーズに運ぶよう、
現在の債務状況をまとめましょう。

財務状況と個人の情報についても、
詳細にまとめておくと良いです。
預貯金は返済に充てられる可能性もありますので、
自己破産を決めたならすぐに解約しておくと安心です。

自己破産におすすめ弁護士ランキング

1位 弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

通話料無料で相談何度でも無料 休日でも全国対応

2位 名村法律事務所

名村法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

3位 アース法律事務所

アース法律事務所

着手金30万円~ 報酬金0円

-自己破産の前後の豆知識
-

Copyright© 自己破産はマジヤバイ!?経験者が暴露するメリットデメリット , 2019 All Rights Reserved.