メリットとデメリット 自己破産の前後の豆知識

自己破産したら賃貸マンションの入居審査が通らなくなるって本当?

入居審査

自己破産後、賃貸マンションへの入居審査が通らなくなるとよく耳にします。
何が原因で入居を拒否されるのでしょうか?

ブラックリストに載ると、クレジットカードが契約できません。
ブラックリストとは、信用情報機関に自己破産した事が登録されている状態のことです。
賃貸マンションの入居審査が通らない原因も、このブラックリストと同じで、信用が無いと判断されてしまうからです。
基本的に物件オーナーは、家賃の滞納などの未払いを避けるために、家賃保険会社と契約をしています。
住居者が家賃を滞納した場合、家賃保険会社が代理で物件オーナーに支払いをします。
通常、この家賃保険会社は信用情報機関に加盟しています。
そのため家賃保険会社が自己破産情報を得ることができ、入居審査の基準にするのです。

全ての家賃保険会社が、信用情報機関に加盟しているとは限りません。
つまり、信用情報機関に加盟していない家賃保険会社を選べば、賃貸マンションへの入居が可能になります。
どうやって選べば良いのでしょうか?
一般的には、民間保険会社の加入率は低いと言われています。
住みたい物件が見つかったら、一度、会社名を調べてみると良いでしょう。
また、思い切って不動産会社に聞いてみるのも良い方法です。
不動産会社は、入居者を紹介する事が仕事です。
そのため、信用情報機関に関与していない物件を紹介してくれることでしょう。

全ての物件ではありませんが、連帯保証人を付ける事を条件に、入居を許可している物件オーナーもいます。
何か問題があれば、連帯保証人に請求ができます。
このことにより、家賃の未払いを防ぐ事が出来るため、家賃保険会社と契約の必要がありません。
不動産会社や知人から、このような物件オーナーを紹介して貰えば、賃貸マンションへの入居も可能です。
また、自己破産後に退去を求められたと、耳にした人も多いのではないでしょうか?
これは基本的に、法で守られています。
そのため、今後の入居審査の事を考えて、都合が悪い場合は無理に退去の必要はありません。

賃貸マンションへの入居審査が通らない原因は、家賃保険会社と信用情報機関が関係しています。
しかし、自己破産をしても、100パーセント入居を拒否されることはありません。
諦めずに探すことをオススメします。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

りーむ(借金550万)

ギャンブルやFX、はたまたバイナリーオプションで借金返済を頑張りますがやればやるだけ、どつぼにハマっていきます… 最初は家計を楽にというのが目標だったんですが、いつの間にか借金返済という目標になっちゃいました。

-メリットとデメリット, 自己破産の前後の豆知識
-,

© 2020 自己破産経験者りーむが暴露する自己破産のメリットデメリット