自己破産の前後の豆知識

自己破産の手続きで必要になる書類の一覧と添付する書類のまとめ

入居審査

自己破産の申し立てをする際には複数の書類が必要です。
記入も大変なので基本は弁護士に依頼することが多いです。
ここでは東京地裁での手続きで必要な書類の一覧をまとめました。

まず、必要書類として以下のものを裁判所で入手します。
破産申立書・免責申立書に記入するのは、自分の氏名や生年月日に始まり借金の額とその借り入れ時期。
他にも所有財産の記入や生活状況などがあります。
陳述書には以下の質問についての記入をおこないます。
借金のきっかけと経済破綻になった理由、生活の状況や経歴。
自己破産以外では解決できない理由や反省文・今後の展望の記入です。
さらに債権者一覧表には、金融会社のみならず、家族や個人まで含む借金の債権者全てを記入します。
もしここに記入漏れがあると免責されないこともあるので注意しましょう。
所有財産の全てを記入する資産目録も作成。
家計の状況として、同居家族分も含む直近2〜3ヵ月分の支出・収入の状況を記入します。

一方、添付書類として自分で用意するものもあります。
市役所でもらうものとしては、世帯全員分の記載がある住民票と戸籍謄本や課税証明書が必要です。
他にも、直近2ヵ月分の給与明細・源泉徴収票・2年分ほどの現金通帳の写しも用意します。
さらに状況によっては、マンションやアパートの賃貸契約書の写し・不動産の所有がある時は不動産登記簿謄本も。
退職金見込額証明書・車バイクの車検証、査定書・保険証券の写し、保険解約返戻金証明書も必要です。
また、財産相続明細・財産分与明細書や年金等の受給証明書の写し・生活保護などの公的助成金書類も用意します。
クレジットカードの提出も求められ、お金に関わる書類は全て提出しなければなりません。
このように、自分に該当する様々な書類を確実に用意しなければならないのです。

自己破産で申し立ては書類をそろえるのが大変かもしれません。
しかしメリットが大きいことも確か。
しっかりチェックして抜けや漏れがないようにしたいですね。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

りーむ(借金550万)

ギャンブルやFX、はたまたバイナリーオプションで借金返済を頑張りますがやればやるだけ、どつぼにハマっていきます… 最初は家計を楽にというのが目標だったんですが、いつの間にか借金返済という目標になっちゃいました。

-自己破産の前後の豆知識
-,

© 2020 自己破産経験者りーむが暴露する自己破産のメリットデメリット