自己破産の前後の豆知識

年金滞納をしていた場合自己破産で滞納額はチャラになるのか解説します

借金が積み重なり、返済が困難な時は、年金までも滞納してしまう事もあります。
年金滞納をしていた場合、自己破産で滞納額はチャラになるのでしょうか?

自己破産をすれば、借金をゼロにする事が出来ます。
しかし、自己破産をしてもゼロに出来ないものがあります。
それらを非免責債権と言います。
年金や税金、保険料などの支払い義務のあるものが非免責債権にあたります。
つまり年金滞納していた場合、自己破産で滞納額がチャラになる事はありません。
将来、確実に年金を受け取るためには、滞納してでも支払いをしなければいけません。

年金の滞納が発生すると、督促状や催告書が届きます。
これらは、総滞納金額の報告と支払い促すための手紙のような物です。
年金の支払いが厳しい場合は、市町村役場で相談しましょう。
しっかりと滞納理由を説明すれば、支払いを遅らせたり、分割払いに応じたりしてくれます。
それでも滞納金が返済できない場合は、猶予制度を利用しましょう。
猶予制度は、所得に応じて、年金の支払いが猶予される制度です。
年金は猶予をしてでも支払わないと、財産や給料が差し押さえられてしまいます。

急なリストラ、やむおえない理由で仕事を失った場合では、免除制度が利用できます。
猶予制度とは違い、年金の支払いが4分の1から全額の免除ができます。
また定額所得者や生活保護受給者は、滞納処分や全額免除になります。
年金を支払う事によって、著しく生活に支障がでる場合、滞納金を処分し、年金の支払い義務がなくなります。
年金を将来、受給できないと、生活が出来なくなってしまいます。
自己破産をすれば、借金の返済分を年金の滞納分の支払いに回せます。
できるだけ、年金滞納を避けるようにする必要があります。

年金滞納は、自己破産でチャラにする事はできません。
できるだけ早く自己破産をして、年金以外の支払いを無くすようにしましょう。
そのためにも利用できる制度は、できるだけ利用していきましょう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

りーむ(借金550万)

ギャンブルやFX、はたまたバイナリーオプションで借金返済を頑張りますがやればやるだけ、どつぼにハマっていきます… 最初は家計を楽にというのが目標だったんですが、いつの間にか借金返済という目標になっちゃいました。

-自己破産の前後の豆知識
-,

© 2020 自己破産経験者りーむが暴露する自己破産のメリットデメリット