メリットとデメリット

知っておきたい自己破産のデメリットと勘違いしやすい噂について

自己破産を行ったからといって、手元にある財産がすべて差し押さえの対象となるわけではありません。
しかし自己破産のデメリットを理解しておかなければ、破産者は困ってしまうでしょう。
また勘違いされやすい噂についても解説しますので、是非ともチェックしてみてください。

自己破産のデメリットは、いわゆるブラックリストに入れられた状態が続くことです。
手続きが完了すると個人信用情報機関に事故情報として記録されるため、新しいクレジットカードやローンの審査が通らなくなります。
しかし事故情報は永遠に記録されるわけではなく、およそ5年から7年で抹消されるでしょう。

また手続き中に限り一部の職業や資格が制限されてしまうことも、自己破産ならではのデメリットです。
法律問題と取り扱う弁護士や司法書士、不動産に関する不動産鑑定士や建設業者などの仕事が制限の対象となります。
申し立ての内容により手続きにかかる期間は異なるものの、3ヶ月から半年もあれば制限は解除されるでしょう。

自己破産について勘違いされやすい噂ですが、差し押さえにより文字通りすべてを失うわけではないため安心してください。
手元からすべての財産がなくなると勘違いしている人もいるかもしれませんが、自由財産と呼ばれるものは手放す必要はありません。
たとえば生活のために必要な家電製品や99万円以下の現金、自分の名義ではなく住宅などは差し押さえの対象とはなりません。

また自己破産により勤めている会社をクビになるという噂もありますが、そのようなことはありません。
債権者が会社に対して自己破産に関する情報を伝えることは、禁止されているためです。
もし自己破産を理由に従業員をクビにした場合、不当解雇となるでしょう。

自己破産ならではのデメリットには注意が必要ですが、間違った噂にだまされる必要はありません。
借金の返済義務がなくなり人生をやり直せるというメリットもあるため、困っている人は選択肢の一つとして考えておきましょう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

りーむ(借金550万)

ギャンブルやFX、はたまたバイナリーオプションで借金返済を頑張りますがやればやるだけ、どつぼにハマっていきます… 最初は家計を楽にというのが目標だったんですが、いつの間にか借金返済という目標になっちゃいました。

-メリットとデメリット
-, ,

© 2020 自己破産経験者りーむが暴露する自己破産のメリットデメリット