自己破産の前後の豆知識

自己破産の手続きに必要な反省文の書くべき内容を例文で解説します

自己破産はただ手続きを進めれば認められるものではなく、裁判所に問題視されれば認められない可能性もあります。
そのため真摯な態度で臨むことが重要で、反省文が必要になる場合もあるのです。
反省文の書くべき内容を例文で解説するため、是非とも参考にしてみてください。

借金をしたタイミングや理由などは、陳述書に記載すれば良いです。
そのため反省文で詳細に記載する必要はなく、反省していると伝わることが重要です。
裁判所の担当者がチェックするため、フランクな文章を書いてはいけません。
しかし必要以上に堅苦しい内容にすることもなく、借金トラブルを心から反省して前向きに生きてゆくとわかれば良いでしょう。

自分では返済ができなくなってしまったことを深く反省しています、とシンプルに書くと良いでしょう。
反省文の中で借金とは関係のないことを長々と書いても、下手な言い訳と評価されるかもしれないためです。
言い訳ばかりで反省がなくこれからどうするかという決意がチェックできなければ、裁判所としても免責を許可しにくいでしょう。

借金をした原因は会社を解雇されたためです、などと事情があったことをシンプルに書いても良いです。
やむを得ない事情があったことが伝われば、裁判所も考慮してくれるでしょう。
しかしパチンコなどのギャンブルが自己破産の原因の場合、裁判所の担当者に悪いイメージを与えるかもしれません。

これからは一生懸命働き計画性のない借金はしないことを誓います、と前向きな姿勢を見せると良いでしょう。
同じ過ちを繰り返さないという決意表明が伝われば、裁判所の担当者に良いイメージを与えられるかもしれません。
ポジティブな内容で簡潔にまとめると、反省文全体のイメージが良くなるのではないでしょうか。

自己破産の反省文は、裁判所が免責について判断するために重要な資料なのです。
いい加減な内容にしてしまうのではなく、不安なことがあれば手続きを依頼した弁護士や司法書士にアドバイスしてもらいましょう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

りーむ(借金550万)

ギャンブルやFX、はたまたバイナリーオプションで借金返済を頑張りますがやればやるだけ、どつぼにハマっていきます… 最初は家計を楽にというのが目標だったんですが、いつの間にか借金返済という目標になっちゃいました。

-自己破産の前後の豆知識
-, ,

© 2020 自己破産経験者りーむが暴露する自己破産のメリットデメリット