自己破産の前後の豆知識

自己破産の申請前に揃えておきたい必要書類一覧の完全マニュアル

自己破産手続をスムーズに行うためには、あらかじめ書類を揃えておくことが大切です。
自己破産には、何の書類が必要なのでしょうか?

自己破産手続きの前に、自己破産開始決定の申請をします。
裁判所で破産手続開始申立書と陳述書などの必要書類を受け取り、作成します。
これらは主に、個人情報や借金を返せなくなった経緯や原因などを記入します。
それらの必要書類に添付書類を添えて、地方裁判所へ提出し、面談という流れになります。
初めから、自己破産を弁護士へ依頼すれば、書類作成や裁判所とのやり取りの大半を任せる事ができます。
そうすれば、かなりの負担やストレスを解消できるでしょう。

必要書類は、自己破産をする全ての人が必要となる書類です。
自己破産開始申立書と陳述書以外にも、必要書類はたくさんあります。
債権者の詳細や総借金額をまとめた、債権者一覧表や財産の記載をする、資産目録があります。
また、家計支出を調べるために、約2か月分の家計簿をつける必要があります。
それに住民票や戸籍謄本、市県民税証明書も必要です。
過去1から2か月分の源泉徴収書と給料明細表、通帳の写しも必要書類に含まれます。
このように、基本的な個人情報が必要書類になります。

添付書類は、人によって提出書類が異なります。
賃貸に住んでいる人は、賃貸借契約書のコピーを、不動産を所有していれば、不動産登記を提出します。
退職や離職して無職でいる人は、それぞれの証明書が要ります。
また、自動車やバイクの車検証や査定書も必要なります。
他にも財産の分与や相続証明書、年金や生活保護などの公的助成金の証明書などです。
このように、添付書類は必要書類とは異なり、自分の財産や受給しているものの有無によって異なります。

自己破産をスムーズに行うためにも、あらかじめしっかりと、書類を揃えておく必要があります。
焦って提出漏れがないようにしましょう。
また書類以外にも何か気になる事があれば、相談、報告を忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

りーむ(借金550万)

ギャンブルやFX、はたまたバイナリーオプションで借金返済を頑張りますがやればやるだけ、どつぼにハマっていきます… 最初は家計を楽にというのが目標だったんですが、いつの間にか借金返済という目標になっちゃいました。

-自己破産の前後の豆知識
-,

© 2020 自己破産経験者りーむが暴露する自己破産のメリットデメリット