自己破産の前後の豆知識

自己破産にならないために知っておきたい大人の発達障害とお金の関係

大人の発達障害とは、生まれつき持っている先天性の脳機能の障害の事です。
これらの発達障害とお金、自己破産とは何か関係があるのでしょうか?

大人の発達障害は、ADHD、ASD、LDの3つに分かれ、見た目で判断することは難しいです。
また、自分自身も気が付いていない人も多いです。
そのため大人になって、他人と一緒に生活をしていく中で、気が付く場合があるようです。
これらの発達障害は、普段の生活でも思考や行動に支障をきたします。
一般人と比べると、目先のものしか理解できなかったり、数字が苦手だったりします。
そのため、すぐに借金を作ったり、返済プランを立てる事が難しかったりする人もいます。
このように大人の発達障害とお金は、意外と関係しています。

ADHDとは、注意欠如多動性障害とも呼ばれ、一般的に集中力がなく、思いついたことをすぐに行動に移してしまう症状です。
不注意や衝動性に問題があるため、すぐに借金を作ったり、また借りても最後まで返せなかったりします。
ASDとは、自閉症スペクトラムとも呼ばれ、基本的にADHDと似ているが、表現能力が乏しく、コミュニケーション能力が低い症状です。
気になる事は、突き詰める特性があるので、ものによっては借金をしてでも必ず手にいれなければ、気が済まなかったりします。
LDとは、学習障害とも呼ばれ、知的障害ではないが、得意と不得意の差が極端に広い症状です。
また、数字が苦手の人が多く、家計簿をつけたり、計画的にお金を使えなかったりします。

発達障害の人は、自分の症状を理解できても、行動が伴わないことが多いです。
借金は返済の義務があるとわかっていても、自分の行動や精神をコントロールするのに時間がかかります。
これらの発達障害の人は、見えない物を理解しづらい特徴があります。
そのため、クレジットカードやローンなどの仕組みを、しっかりと理解できない人もいます。
対策として、できるだけ、シンプルにすることが重要です。
理解しやすいように、現金で生活をしたり、銀行口座を1つにしたりすることは、効果的といえるでしょう。

大人の発達障害は、お金と関係しており、自己破産にまで至ってしまう人もいます。
発達障害でも、しっかりと対処法を考えて、借金を返済していかなくてはいけません。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

りーむ(借金550万)

ギャンブルやFX、はたまたバイナリーオプションで借金返済を頑張りますがやればやるだけ、どつぼにハマっていきます… 最初は家計を楽にというのが目標だったんですが、いつの間にか借金返済という目標になっちゃいました。

-自己破産の前後の豆知識
-,

© 2020 自己破産経験者りーむが暴露する自己破産のメリットデメリット