自己破産の前後の豆知識

自己破産が親バレしてしまった時の対処方法や相談窓口

投稿日:

自己破産した事実は、極力誰にも知られたくないと考えるのが一般的ではないでしょうか。
特に親バレしてしまった時などは、双方心の負担が大きいはずです。
ここでは、自己破産が親バレしてしまったときの対処法と併せ、相談できる場所についてもご説明します。

まず自分が自己破産をしたという事実が親バレしてしまうケースについてお話ししましょう。
勿論、自己破産は個人でするものですから、厳密にいえば親には直接影響しません。
発覚が免れないケースとしては、親と同居していて、生計を共にしている場合です。
生計が別であれば発覚する可能性は減りますが、同居していれば発覚する可能性はじゅうぶんあります。
気を付けていても、債権者からの督促状が届いたり、自宅に電話がかかってくる場合もあります。
このことから、親と同居していて自己破産をした人は、親バレしてしまう可能性が非常に高いとみてよいでしょう。

では実際、自己破産の事実が親バレしてしまった場合はどうすればよいのでしょうか。
結論から言えば、上記でも述べた通り自己破産によって親に何らかの影響が及ぶことはありません。
借金のカタに自宅を売り払われたり、親の車を処分されたりということはあり得ないのです。
ただし、借金の連帯保証人が親にされている場合、帳消しにされた自身の債務はすべて連帯保証人である親に向かうことになりますから注意が必要です。
親バレしても何も問題がないということなら、いっそのこと自己破産する旨を先に伝えておき、力を貸してもらうという方法もあります。
隠し通せず後々になって発覚して事件になるよりも、先に話しておいたほうが手が打ちやすく、現実的です。
親に手伝ってもらうことで、自己破産ではなく他の債務整理の方法を取れるかもしれません。

自己破産を検討しているようであれば、まずは法律事務所の無料相談等を利用するのが良いでしょう。
自身の窮状を伝えると共に、親バレしたくない旨も伝えれば、弁護士はきちんと相談に乗ってくれます。
独りで悩まず、まずはできることから始めていきたいですね。

自己破産におすすめ弁護士ランキング

1位 弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

通話料無料で相談何度でも無料 休日でも全国対応

2位 名村法律事務所

名村法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

3位 アース法律事務所

アース法律事務所

着手金30万円~ 報酬金0円

-自己破産の前後の豆知識
-

Copyright© 自己破産経験者が語る借金を整理し幸せに自己破産を成功させる方法 , 2019 All Rights Reserved.