自己破産の前後の豆知識

後悔しないために自己破産で起こるデメリットを知っておこう

投稿日:

たくさんの借金があって返済することが
不可能な場合に、自己破産する
という方法があります。

自己破産は借金が帳消しになるという
メリットがありますが、中にはよくわからないまま
自己破産したために、後悔したという人もいます。

ここでは自己破産した場合の
デメリットについて、わかりやすく
まとめてみましょう。

まず日常生活でのデメリットとしては、
自己破産をするとある一定の期間、
クレジットカードが持てなくなります。

一定の期間とは約5年から10年で、
その間は住宅ローンなど
新たな借金も制限されてしまいます。

元々資金がなくて自己破産
するわけですから、現金払いのみで
生活しなくてはならないことは、最も
大きなデメリットに感じるかもしれません。

次にマイホームや自動車など、時価にして
20万円以上の価値のある資産を
持っている人は注意が必要です。

それらの資産は自己破産すると全て
清算対象となってしまいますので、
知らない場合後悔する可能性も
大いにあります。

手放したくない高価なコレクションがある人は、
よく考えて自己破産するようにしましょう。

また解約時に返戻金が20万円以上ある保険も、
資産として清算されてしまいます。

その他のデメリットとして、自己破産の
手続きをしている間は、ある一定の
職業にはつけなくなります。

主に士業についている人の他、
旅行業や警備業の人などは、業務が
制限されるので注意しなければいけません。

また公務員の委員や団体企業の役員を
している人は、法令によって解任
される場合もあります。

さらに自己破産すると、代理人や後見人
といった資格も民法上制限されますので、
心に留めておきましょう。

デメリットばかり並べると、自己破産しない方が
いいのではないのかと思いがちですが、
決してそういうわけではありません。

自己破産することによって、新たな第一歩を
踏み出して幸せになっている人もたくさんいます。

まずはデメリットをしっかり知った上で、
信頼できる専門家に相談するのが
最もいいのではないでしょうか。

自己破産におすすめ弁護士ランキング

1位 弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

通話料無料で相談何度でも無料 休日でも全国対応

2位 名村法律事務所

名村法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

3位 アース法律事務所

アース法律事務所

着手金30万円~ 報酬金0円

-自己破産の前後の豆知識
-, ,

Copyright© 自己破産経験者が語る借金を整理し幸せに自己破産を成功させる方法 , 2019 All Rights Reserved.