自己破産の前後の豆知識

自己破産したら車の残ローンはどうなる?今後審査は通る?

投稿日:

自己破産の申し立てをする際に、
所有している車のローンを
払い終わっていない人もいるでしょう。

そういう場合には車のローンの残りは
どういう扱いになるのでしょうか。

また自己破産した後に新しく車を購入して、
ローンを組むことは可能なのでしょうか。

ローンで車を購入している場合、
支払いが完了するまでは車の名義人はローン会社か
販売会社になっているはずです。

名義人が誰になっているかは車検証で確認できますが、
車の所有権は名義人にあり、これを所有権留保といいます。

自己破産をすると所有権留保は担保権
とみなされますので、ローン会社は車を
回収して換金する権利があります。

したがって車はローン会社によって回収されて、
車ローンの残りは支払う必要はありません。

しかしながら車ローンを組む際に連帯保証人を
立てていた場合は、車を回収されると同時に
車ローンの未払い分は保証人に
請求されることもあります。

車ローンが残っていて自己破産した人は、
自己破産後に車を購入する場合、5年から
10年はローン審査に通るのが難しくなります。

自己破産すると信用情報機関の
ブラックリストに載り、信用調査で
引っかかってしまうからです。

5年から10年が経過するとブラックリストから
名前は消えますので、車ローン審査に通ることはできます。

しかし一度借金を踏み倒したローン会社の
審査には、何年経過しても
通る可能性は少ないでしょう。

また過去に迷惑をかけた人に、
再び保証人をお願いすることも難しいといえます。

車はローンでないと買えないものではなく、
現金で購入できる価格の中古車を購入する
という方法もあります。どうしても車ローンを
組みたい場合は、家族名義で車を購入して
ローンを組んでもらうという選択肢もあります。

基本的に5年から10年で車ローンを
組むことはできますが、自己破産時にローンが
残っていた会社で再びローンを組むのは
避けた方がいいでしょう。

再び車ローンを組む場合は、自己破産の経験を
元にして、必ず返済できる範囲で無理のない
ローンを組むようにしましょう。

自己破産におすすめ弁護士ランキング

1位 弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

通話料無料で相談何度でも無料 休日でも全国対応

2位 名村法律事務所

名村法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

3位 アース法律事務所

アース法律事務所

着手金30万円~ 報酬金0円

-自己破産の前後の豆知識
-,

Copyright© 自己破産経験者が語る借金を整理し幸せに自己破産を成功させる方法 , 2019 All Rights Reserved.