自己破産の前後の豆知識

注意すべきツケ払いやリボ払いが原因の自己破産の怖さについて

近年、ツケ払いとリボ払いなどの支払い方法が原因で、自己破産する人が増えています。
ツケ払いとリボ払いは、何か特殊な支払い方法なのでしょうか?

ツケ払いとは、商品を購入した後に支払う、後払いの事です。
会社によって異なるが、数週間から2カ月後までを支払い期限にしています。
特徴は、所持金が無くても商品を購入する事ができ、また、一回の限度額が数万円ほどと少なく設定されています。
そのため、少ない金額で何度も購入ができ、支払い期限をすぎてしまう事がよく起きてしまいます。
また、毎回手数料や振り込み手数料がかかるため、購入回数が増えると、手数料だけでも高額になってきます。
このツケ払いは、クレジットカードの有無に関係なく利用できます。
つまり、クレジットカードが使えない人でも、簡単に借金をすることが出来てしまいます。

リボ払いとは、毎月の支払額を指定して、毎月の出費を一定額にする支払い方法です。
ちなみに分割払いとは、回数を設定する、支払い方法です。
リボ払いもツケ払い同様に、手持ち金が無くても商品を購入することができます。
特徴は、どれだけ購入しても、何度購入しても、毎月の支払額が一定なことです。
そのため、いくら支払いが残っているかを把握する事が非常に難しいです。
また一般的に、リボ払いの手数料は、15パーセントと言われています。
支払い回数設定ではないため、いつになっても支払いが終わらない状態が続きます。

ツケ払いもリボ払いもしっかりと仕組みを理解すれば、非常に便利な支払い方法になります。
ツケ払いに関しては、必ず、支払期限を忘れないようにすることです。
また、クレジットカードや分割払いと上手に使い分ける必要があるでしょう。
リボ払いに関しては、毎月の支払額を少し高めに設定しておくとよいでしょう。
そうすれば、支払い回数を減らすことができ、手数料を抑える事ができます。
また、毎月の出費を同じにすることで、急な出費にも対応ができます。

所持金がなくても、ツケ払いとリボ払いは利用できます。
しかし、いつの間にか、手数料が高額になり、支払い回数も増えてしまい、支払いが終わらなくなってしまいます。
小さな借金の積み重ねが、自己破産に至ってしまうケースは少なくはありません。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

りーむ(借金550万)

ギャンブルやFX、はたまたバイナリーオプションで借金返済を頑張りますがやればやるだけ、どつぼにハマっていきます… 最初は家計を楽にというのが目標だったんですが、いつの間にか借金返済という目標になっちゃいました。

-自己破産の前後の豆知識
-, ,

© 2020 自己破産経験者りーむが暴露する自己破産のメリットデメリット