自己破産の前後の豆知識

自己破産したことは転職で不利になる?面接で説明する義務はある?

自己破産すると、ブラックリストに載るなどの、不利になる事があります。
では、転職をする際にも自己破産したことは、不利になるのでしょうか?

自己破産をしても、転職に不利になることはありません。
自己破産情報は、国が発行する官報に記載されています。
官報の内容は、法律や政令、国会の議案内容や国民の権利や義務などが主です。
更に、失踪や自己破産情報なども含まれます。
内容が新聞とは違い、難しいため、一般人は官報を見る機会は非常に少ないです。
また、官報は採用目的での照会はできないため、ほとんどの会社が官報をチェックしません。
つまり、転職先の会社が自己破産情報を持っている確率は低いです。

転職での面接で、自己破産したことを説明する義務はありません。
基本的に自己破産を理由で、採用、不採用を決めてはいけません。
しかし、面接の合否には、面接官への印象もふくまれます。
そのため自己破産がばれると、不利になる可能性もあるでしょう。
また履歴書には、賞罰の欄があります。
しかし自己破産は、罰でも刑でもないため、履歴書に記載する必要はありません。
求められた時以外は、自分から言う必要はありません。
自己破産したことを、面接や履歴書で説明する義務はありません。

職業によっては、官報をチェックしています。
それは、弁護士や司法書士などの士業や銀行などの金融機関です。
また、保険会社やクレジット会社なども信用情報としてチェックしています。
これらの職業の人は、いつも官報をチェックしているのかというと、そうではありません。
そのため自己破産しても、絶対にこれらの職業に就けないわけではありません。
ただ、自己破産歴がある人とない人だと、無い人を採用する確率が高いでしょう。

基本的に、自己破産が原因で不採用になる事はありません。
しかし、自己破産歴がない人と比べると、多少なりとも不利になる事はあるかもしれません。
そのため転職などでの面接の際は、質問が無い限り、自分から自己破産歴を説明する必要はありません。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

りーむ(借金550万)

ギャンブルやFX、はたまたバイナリーオプションで借金返済を頑張りますがやればやるだけ、どつぼにハマっていきます… 最初は家計を楽にというのが目標だったんですが、いつの間にか借金返済という目標になっちゃいました。

-自己破産の前後の豆知識
-,

© 2020 自己破産経験者りーむが暴露する自己破産のメリットデメリット