自己破産の前後の豆知識

自己破産で口座が凍結される条件と破産後の新規口座の注意点

投稿日:

債務整理で自己破産を実行した際に、
銀行口座が凍結される条件は
どのようになっているのでしょうか?

破産後に新規口座を開設するときの
注意点についても取り上げてみましょう。

自己破産を弁護士に依頼し、
引き受けた弁護士が債権者に受任通知を
送付すると借金の取り立てが停止します。

銀行口座のある銀行から借り入れを
行っている場合には、この受任通知の送付に
あわせて銀行口座が凍結されてしまいます。

もしも凍結時の口座に残高が残っている
のであれば、残債の返済に充てる目的により、
残高の相殺を避けられないので注意してください。

一般的に凍結された口座の解除には2か月ほど
時間を要するため、前もって公共料金などの
引き落としは別の口座に変更しなくてはいけません。

給与や年金が振り込まれても凍結解除まで
引き出せませんから、こちらも事前の
口座変更を欠かさないようにしましょう。

口座のある銀行から借り入れを
していない場合には、もちろん口座の
凍結が起こりません。

自己破産をしても活用を見込めますが、
基本的に銀行口座の残高は
自己破産における換価処分の対象になります。

借り入れの有無に関わらず、
20万円を超える預金を有する銀行口座は
換価処分によって没収
されかねないので要注意です。

自己破産では99万円以下の現金を
保有できるものの、そうした現金や
このほかの現金を生活費や
自己破産費用以外に使うと免責不許可が
あり得ます。

換価処分を避けるために口座から
引き出しを行う人は、引き出した
現金の使い道に気をつけましょう。

自己破産を手続きしている破産者や
自己破産をした人であっても、
銀行口座は新規開設可能です。

ただし、自己破産の段階で借り入れを
していた銀行においては、新規開設の
申込者が自己破産を手続きした事実を
把握しています。

銀行口座の凍結を解除せずに
そのまま口座契約を解約する銀行の
場合には、別支店に足を運んでも
新規開設に応じない可能性が高くなります。

自己破産によって銀行口座を失う人は、
自己破産の手続きとは無関係な
金融機関で新規口座を開設しましょう。

銀行口座のある銀行から自己破産の
段階で借り入れをしていると、
受任通知の送付と同時に口座は凍結されます。

自己破産の後に新規口座を開設したいのなら、
借り入れをしたことの無い銀行で
開設手続きを行うことが大切です。

自己破産におすすめ弁護士ランキング

1位 弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

通話料無料で相談何度でも無料 休日でも全国対応

2位 名村法律事務所

名村法律事務所

着手金20万円~ 報酬金20万円~

3位 アース法律事務所

アース法律事務所

着手金30万円~ 報酬金0円

-自己破産の前後の豆知識
-

Copyright© 自己破産経験者が語る借金を整理し幸せに自己破産を成功させる方法 , 2019 All Rights Reserved.