自己破産の前後の豆知識

自己破産歴があっても日本政策金融公庫でお金を借りることは可能?

 

自己破産するとブラックリスト状態になり、ローンが組めなくなります。
この場合でも、日本政策金融公庫は、お金を貸してくれるのでしょうか?

日本政策金融公庫とは、国が100%出資している金融機関です。
主に個人や中小企業などへの融資、海外での資源開発の金融や業務を行っています。
実は日本政策金融公庫は、自己破産者専用の融資制度があります。
それは再挑戦支援融資と新創業融資です。
融資を得るためには、書類審査と面談が必要になります。
正式に自己破産者が融資を得られるのは、日本政策金融公庫だけです。

自己破産すると5年から10年間はブラックリスト状態になります。
この期間は信用が無いとされ、民間の金融機関からローンを組み、お金を借りる事はできません。
この状況でも日本政策金融公庫の再挑戦支援融資を利用すれば、お金を借りることが可能です。
自己破産で免責を受けている事、今後の負債を返していける経済力の有無などが審査基準になります。
また保証人や担保も必要になります。
日本政策金融公庫も他の民間の金融機関と同じで、信用情報機関とつながっています。
しかし書類の記載や面談の際には、正直に説明する事によって、融資を得られやすくなります。

新創業融資とは再挑戦支援融資と同じで、自己破産者でもお金を借りる事が出来ます。
2つの大きな違いは、再挑戦支援融資の限度額は7,200万円に対して、新創業融資は3,000万円です。
新創業融資の限度額は少ないが、保証人と担保を準備する必要がありません。
融資を得るための条件として、前回の自己破産の理由がやむおえない場合である必要があります。
このように新創業融資の条件は再挑戦支援融資より、厳しくなっています。
そのため、条件を全てクリアする人は少ないです。
しかし保証人と担保をなしで、融資を得られるのは新創業融資、最大の特徴です。

自己破産歴があっても条件をクリアすれば、日本政策金融公庫で、お金を借りる事ができます。
再挑戦支援融資と新創業融資のように、自己破産者専用の融資制度があるのは、日本政策金融公庫だけです。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

りーむ(借金550万)

ギャンブルやFX、はたまたバイナリーオプションで借金返済を頑張りますがやればやるだけ、どつぼにハマっていきます… 最初は家計を楽にというのが目標だったんですが、いつの間にか借金返済という目標になっちゃいました。

-自己破産の前後の豆知識
-

© 2020 自己破産経験者りーむが暴露する自己破産のメリットデメリット